久しぶりの更新です。

Uber Eatsの仕事はコロナが流行りだしてから全くやってなくて、
その代わりに収入を得ようとFXをやってました。
スキャルピング、デイトレード、スイング、色々挑戦中です。

ブログではスイングトレードの結果を書いていこうかと思います。
現状こんな感じです。

2020年5月10日 日曜日 

■スイングトレード開始時予算(証拠金)
300000円

■実現損益
+1771円
(実現損益はちょっとありますが、設定を間違えて指値で利食いしてしまった分)

■評価損益
+19152円

■現在のポジション

スイス円 買い
ドルスイス 売り
ポンドNZ 買い
ポンドカナダ 買い
ポンドドル 買い
NZ円 買い
ユーロドル 買い
ユーロ円 売り
カナダドル円 買い

今の所、こんな感じです。
出来るだけシンプルなトレードになるように、
円絡みだと-100P損切り200P利食いみたいな感じで注文入れて放置してます。
スイングトレードは注文入れたら基本放置です。もしこれで勝てるのならばとても楽
僕の場合は1ヶ月ごとに区切ってポジション整理して行く予定です。


■資金管理について

FXに限らずですが、投資は資金管理(リスク管理)がとても重要です。
僕はトレード一回のリスクを資金の1%、つまり30万が初期予算なので3000円のマイナスで損切りするようにしてます。リスク1%だとかなり保守的な感じなので、勝ち続けたとして増えるスピードがゆっくりではありますが、負け続けた場合でも減るスピードもまたゆっくりです。
10回連続で負けても3万円程度の負けです。

ポジションの量は、細かく1通貨単位で管理するためオアンダジャパンという会社でトレードしてます。

仮に現時点で持ってるポジション9つ全部が損切りになって、今月が終了した場合は-27000円となり、
証拠金は273000円ぐらいになっていると思います。

この場合、翌月の2020年6月は証拠金273000円に対するリスク1%なので2730円が損切り幅になります。
ポジション量で言うとドル円の場合、1トレード辺り2730通貨でエントリーしていく感じになります。

このポジション量の調整が大抵の業者では1000通貨単位がほとんどなので出来ません。
(2000通貨か3000通貨という大雑把な感じになります)

SBIFXでも1通貨単位で出来ますが、ちょっと取り扱い通貨ペア数が34ペアとオアンダの71ペア(現在はリラ関連のペアが取引中止になってるので3つほど減って68?)に比べるとちょっと少ないので今はスルーしてオアンダでやってますが、オアンダは週末や週明け朝のスプレッドが広そうなので、ひょっとしたら変えるかもしれません。。

まだ始めたばかりなのでどうなるかわかりませんが、ブログに書くネタもないのでFX関連のネタを取り扱ってみようかと思います。